メニュー

お薦めサイト
· 
· 
· 
· 
司法書士と弁護士で個人再生の手続きは変わる?

個人再生を専門家に依頼する場合には司法書士と弁護士のどちらかから選ぶことになりますが、手続きについては両者で若干の違いがあります。 司法書士は依頼人の代理人になる権利が無いため書類作成やアドバイスを行った上で実際の手続きは依頼人が行うのですが、弁護士は依頼人の代理人になる権利がありますから書類作成から実際の申し立てまですべて行ってもらうことができるのです。

ただその違いがある分、報酬などに関しては司法書士の方が割安になるといったメリットもありますので、どちらにも一長一短があるとして考えておくようにすると良いでしょう。